年末

2015年も残すところわずかとなりました。皆様如何お過ごしでしょうか。
12月26日は当会の2015年度会長の、12月27日は鏡音リン・レンの生誕の日(?)でした。
クリスマス? なにそれ?美味しいの?

──それはさておき、私は高校時代に「悪ノ娘」シリーズにはまっていたことがあり、TSUTAYAの視聴コーナーで「悪ノ王国」というCDばかり聴いていました(なお、未だに購入はしていない模様)。
特に「悪ノ娘」「悪ノ召使」「リグレットメッセージ」「白ノ娘」の部分だけを聴くこともしばしば。
高校の友達をネタに替え歌(歌詞だけ)を作ったこともあったなぁ。
そうやって楽しい高校生活を過ごしていた訳です。
そんなある日、学校帰りに本屋に寄ってみたら、背表紙に「悪ノ娘」の文字が。
何やろうと思って見たら「悪ノ娘 黄のクロアテュール」という、「悪ノ娘」シリーズの小説が本屋に置いてあるではありませんか。帯にはあの有名(?)なセリフ「さぁ、跪きなさい!!」。普段小説など読まないくせに、迷わず手にとって読みましたよ。すると「悪ノ娘」の世界観がよりはっきりとわかるんです(と言っても、もう5年も前の話なのであまり覚えてませんが(おい))。また本屋で見かけた時に読んでみようかな。

というわけで、小説の紹介()でした。そして文章だけで失礼します。

皆様、よいお年を。

(かなり内容が薄い気がするが気にしたら負け)

by 光る学費

冬、極寒の京田辺にて。

こんにちは、任期も残り僅かとなった副会長です。

1週間っていう期限を守ってねーっていう催促しまくってるくせに自分の番をすっかり忘れていました…申し訳ない。

さてさて12月も下旬、だいぶ冷え込んでまいりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?
自分は先週からの冷え込みで体調を崩しました。
皆さんは風邪なんか引かないでくださいね?(ブーメラン)
田辺恐るべし……

はい、本題に入りましょう。
自分は最近音ゲーにはまっておりまして、
Project Mirai
DIVA f f2nd
IA VT
一応全曲やりました。
どうやら音ゲーに関してはMっ気があるようで難しい曲をクリアすることに意味があるという信条みたいです。というわけで各作品のボス曲(あるいはそれに近い曲)を紹介します。

Miraiでは骸骨楽団とリリアを延々やってました
なんとかSは余裕で取れるレベルにはなりましたがSSが厳しい…
ということでまずトーマさんのリリアです。


次はDIVA fのCosMoさんのSadistic music factory
やらしいタイミングでtechnical zoneが来てミスるという鬼畜仕様。great取りたい。

f 2ndからは二次元ドリームフィーバー&初音ミクの激唱です。
この二曲はクリアさえさせてもらえないというか人間の指の運動の限界を超えてるような…




ついでに思い入れのある曲がこちら。
ルカルカ☆ナイトフィーバーです。
つい先日、悲報が伝えられたSamfreeさんの作品です。(ご冥福をお祈りします)
この曲、スクラッチの量が異常なんですよね
しかもボタンの直後とかで余計にミスる(というか反応してくれない)上にtechnical zone…
でもexcellentはとりました(発狂)
DIVAは基本的に初見殺しの譜面が多いです(大サビでボタンが逆になったり)
やはりやり込みゲーなのかなーと思いますね


IA/VT(知らない人いるかも、じんのじんによるじんのためのゲーム)は正直夕暮れ蝉日記ばかりやってますが夕暮れ蝉日記は前回紹介しているので今回は割愛。


最後に、個人的に宣伝したいタイムリミットという曲を紹介したいです。
畳P作曲でDIVAアーケードに収録されている(またゲームかよ)この曲、2007年7月のDTMマガジンについてきた2週間お試しの初音ミクで作られたそうです。スゲェ……(自分には無理だなぁ)
ボカロPとしてとても尊敬できる人ですね(人間的に尊敬できるとは言ってない)
アーケード版、やってみたいんで誰か行きましょう…



はい、体験版に込める想いが伝わってくるようです。やばい、来年こそは曲を提出しないと………


そんなこんなでゲームの話でした。
では!

冬に聴きたいボカロ曲!

はい、どうもこんにちは会長のメビウスです
最近急に寒くなってきましたがみなさんいかがお過ごしでしょうか
割と何書こうかめっちゃ悩んでて、ここは俺の大好きな哲学書
黒人ラップ曲でも紹介するかと思ったんですが…
それだとボカロ関係無くね?!
って声がそこはかとなく聞こえてきそうな気がしたので
とりあえずリンクを貼って俺が好きなボカロ曲の紹介でもしようと思いますよー

『論理哲学論考-Ludwig Josef Johann Wittgenstein-』

Fetty Wap - Trap Queen (Crankdat Remix)

Krys Talk - Fly Away (Mendum Remix)

下の方、RockとMelodic Dubstepが融合したまさにmasterpieceだと思います
圧倒的な完成度なので是非聴いてみて下さい

はい、長々とすみません笑
真面目にボカロ曲の紹介をします


まずは、こちら



鮭P(ShakeSphere)さんです
車の音とかFXの使い方が本当に素敵で
雰囲気が素晴らしいです
OVERの方が有名だと思いますが
僕はこっちの方が好きです




次はあつぞうくんさんです
本家が非公開になってたのでこっちを載せました
こちらも凄く素敵な一曲です


以上、冬に聴きたいボカロ曲を紹介しました
今年ももうすぐ終わりですね
来年は4回生で理系は忙しくなりますが
僕もみなさんのサークル活動を非力ながら
サポートできたらと思ってますので
来年もよろしくおねがいします


=メビウス=

アルバム『LOiD-02 LOiD's MiND』について

こんにちは。曲線です。EVE祭も終わり、もう12月ですね。
来年までのこりわずか。やり残す事のないように大切に過ごしましょう。

今回オススメしたいのは

『LOiD-02 LOiD's MiND』

image20151202


3作品ある"LOiDシリーズ"の中の1つです。

"LOiDシリーズ"は簡単に言うなら、ボーカロイド界隈で活躍している有名なクリエイター達が集まって制作した、"インスト曲を主軸としたコンピレーションアルバム"です。

企画されたのは2009年~2010年、つまりニコニコ動画やYOUTUBE等のネットコンテンツを通じてボーカロイド楽曲が広く知れ渡るようになった時期に、「あえてインスト曲で攻めようじゃないか」いうスタンスが当時の自分にはとても印象強く感じました。

(こういった制作時期や制作背景という要素は音楽を楽しむ上でとても重要だと自分は考えています。仮に2015年の今、"LOiDシリーズ"の企画が出たとしたら、おそらく自分自身も違う感じ方をすると思います。)

ちょっとだけ話が逸れましたが、それだけ「あの頃に出たことの価値・素晴らしさ」があったのです。

ここまで作品のバックグラウンドのお話をしましたが、最後に中身についてサクッと紹介しましょう。
冒頭で紹介したアルバム『LOiD-02 LOiD's MiND』の収録曲はこのようになっています。


1. 有機生命体進化論-オルガニックシアタ- (cosMo)

2. fear (baker)

3. O-ME-DE-TO (ヒゲドライバー)

4. delayed verb (wowaka)

5. 緊張≠緩和 (ADmurata)

6. Не Понимаю (KTG)

7. レバーが曲がった宇宙船 (KNOTS)

8. ctrl+P (小林オニキス)

9. Inexpressible... (ゆよゆっぺ)

10. mugs (古川本舗)


アルバムコンセプトは「-postrock-」。ポストロックというジャンルを知らなくてもオススメしたいですね。

曲を聞いた瞬間に「あっこの人だ」って感じる所が絶対あるはず。逆に知らない人がいる場合はじっくり音を聴いてみましょう。インスト故にクリエイターの曲調がダイレクトに伝わってくるのでどんな人か理解できると思います。

収録されているその曲ひとつひとつのセンスの良さといい、個性といい、思念といい、それらを一つにまとめる曲順といい、すべてがとっても味わい深い作品になっているので、ぜひぜひ探してみてください。

以上、曲線でした。
プロフィール

Arpeggio D

Author:Arpeggio D
いらっしゃいませ
VOCALOID研究会Arpeggio
ブログにようこそ!

サークル活動の紹介をしています。

曲紹介などもやってますよー

よかったらみていってくださいな(^o^)

最新記事
最新コメント
twitter
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Ring Clock
Flashカレンダー
アクセスカウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR