ボーパラ関西5のお話

もう少しで春休みが終わって終わってしまいますね。いかがお過ごしでしょうか?
いつの間にか次期DTM班班長に任命されそうになってるみたいで驚いてます。にゃんともです。
…2月は個人的にこれ(動画リンク:YouTube版/ニコニコ動画版)に全力を注ぎ、
ようやく完成してひと段落ついたと思ったら、ふとした呟きがキッカケでクロスフェード動画を作ることになって頼られて嬉しい反面、私なんかが作ってしまっていいのかという不安が入り混じってます(汗)

3/9(日)にボーカロイドパラダイス関西、通称ボーパラ関西にサークル参加しました!

その前に宣伝も兼ねてArpeggioのYouTubeチャンネルニコニコ動画アカウントを作成し、クロスフェード動画を投稿させて頂きました
半日クオリティでごめんなさい

YouTube版↓


ニコニコ動画版↓


主に一番のサビを抜き出し、音源を作成。
上記の2月に作成した動画とほぼ同じ要領で画像を作り動画作成ソフトに放り込む…
2月に本気出してなかったら半日なんて短時間で完成してなかったかもしれないw

私は同人イベントに初めて行ったのですが独特の雰囲気で物凄く楽しかったです!
そんなに購入する気はなかったのにCDを4枚ほど買ってしまった…(ほぼジャケ買い。普段全くジャケ買いしないのに…)
イベントでウィンドウショッピングは中々難しいですねw
売り子とお客さんの距離がとても近いと感じました。イベントならではの距離感ですね

J-POP等の商業音楽ではどうしても歌手が目立つので普段作曲者にはあまり目を向けられないし、表に立つこともないという印象なんですが、VOCALOIDという音楽ジャンルは作曲者にもスポットライトが当たる文化だと私は思います。
むしろ作曲者が中心かもしれないですね

是非とも機会があればイベント参加することをオススメします!
初参加で行ってみたい、でもお目当てのボカロPさんやサークルさんがあまりいないんだけどどうしよう…なんて思ってるならまずは雰囲気だけでも味わってみることが大きな一歩ですよ!(私がまさにそうでした)

以上、ここまで読んで頂きありがとうございました。

ミクの日でした。

どうも、最近バンド班のボーカル・コーラスとしてひっそりと活動させて頂いてる者です。
そういえば先日はミクの日でしたね!おめでとうございます。これからもボカロ界の発展を願っています。

さて、早速曲紹介の方に行きたいと思います。今回はミクの日が近いのでアニバーサリー的な曲を選んでみました。↓

「ボーカロイドのうた」(作詞・作曲 ピノキオp)


VOCALOIDの魅力がぎっしり詰まった良曲です。私はこの曲をとある作業用BGMで知ったのですが、初めて聞いた時手が止まりましたね…。今まで聴いてきた曲名が走馬灯のように頭の中を巡ってきて、すごく感慨深くなりました。
私がボカロを知ったきっかけは、ほぼ日さんの「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」のMADでした。そこで私はボカロ曲とはこんな斬新な曲を扱っているのか!と若干勘違いしつつYouTubeで色んな曲を聞いて回り、現在に至ります。
…何だかよく分からん自分語りみたいになってしまった。とりあえず是非是非一度聞いてみてみて下さい!今まで好きになった曲を沢山思い浮かべながら聴いてみると良きですよ〜*(^o^)/*
ちなみに、この曲をモチーフにしたMMDやDIVAエディット動画もあるので、興味を持った方はそちらもどうぞ(・ω・)ノ


それでは、また何処かで〜👋

ガラクタノコエ

お久しぶりです。本番前にギター落っことした人、Mickyです。あの一件以来、ロックピンの重要性を痛感させられましたね。ちなみに高校時代の友人は5円玉で代用していました。いざという時はお賽銭にもなるのでおすすめです。
いいタイトルが思いつかなかったので、最近ハマっている曲のタイトルを適当に真似してみました。OSTER projectさんの「シジョウノコエ」という曲なのですが、とても中毒性が高く、良い意味でOSTERさんらしくない感じが好きです。これを聴けば最後、プリウスの魅力に取り憑かれること請け合いです。

さて、最近は「ボーカロイドはオワコン」なんていう意見もちらほら耳にするようになっているような気がします。黎明期こそ知らない私ですが、ボーカロイド曲を聴いて育った身としてはやはり悲しいですし、寂しいです。ボカロ衰退が騒がれる中、昨年7月にナナホシ管弦楽団さんがこんな曲を投稿されてます。



真っ白なサムネイルが却って印象的な曲ですが、ボーカロイド達の切実なメッセージが込められています。使われなくなってしまったボーカロイドが思い出を振り返り、また歌わせてほしいと強く訴えかける姿に胸を打たれました。例え皆に忘れ去られてしまったとしても、いつかまた波がやってくると信じて歌い続けてもらいたいと思います。

次は私が尊敬してやまないryo(supercell)さんの曲を紹介します。



皆さんご存知かもしれませんが「ODDS&ENDS」です。この曲は「project DIVA f」のオープニングテーマとして書き下ろされたもので、ボカロPとボーカロイドの葛藤を描いたストーリーになっています。また、直接的な表現はありませんが、40mPさんの「少年と魔法のロボット」も両者の関係を暗示したお話といえるでしょう。私はボーカロイドを持っていないのであまり偉そうなことは言えませんが、ボーカロイドと過ごした時間が長い人ほど、彼女たち(彼ら)の思いを綴った歌に心を揺さぶられるのではないでしょうか。

ちなみにこの「ODDS&ENDS」ですが、来月行われる新歓ライブでバンド班が演奏する予定です。当サークルに興味をお持ちの新入生の皆さんはもちろん、関心のある方はどなたでもお越し下さい!

宣伝ついでにもう一つ。
いよいよ発売が3/24(木)に迫った「project DIVA X」ですが、今回そのオープニングテーマを「ODDS&ENDS」以来約4年ぶりにryoさんが担当されています!



ファン待望の新曲で、期待も高まります。

なんか宣伝ばかりになってしまいましたね…。これならいっそのことタイトルは「車とライブとゲームの宣伝」でよかったかもしれません…。

3月は関西ボーパラ、DIVA X発売、MIKU EXPOなどなどボーカロイドのイベントが盛りだくさんなので、今からとても楽しみです。
ではでは、少しふざけすぎましたが読んでいただきましてありがとうございました!
プロフィール

Arpeggio D

Author:Arpeggio D
いらっしゃいませ
VOCALOID研究会Arpeggio
ブログにようこそ!

サークル活動の紹介をしています。

曲紹介などもやってますよー

よかったらみていってくださいな(^o^)

最新記事
最新コメント
twitter
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Ring Clock
Flashカレンダー
アクセスカウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR