テスト期間いかがおすごしでしょうか。

のぶゆべです。
テスト期間ということで音楽を聞きながら勉強しているのですがボカロ聞いてないですね最近・・・
僕が好きだった方々がニコニコ動画を巣立っていったということも関係しているのかもしれません。
僕は全盛期に比べてやや勢いが落ちてきていると思っているのですがこれはなぜなのでしょうか?
①若い才能ある人たちが業界に引き抜かれて、動画サイトを卒業したこと。
これは大きく関係していると思います。歌い手、ボカロPに関係なくメジャーデビューされる方が多く、経歴を調べてみて昔ニコニコで活動されていたのかと驚くことがよくあります。
②世代交代がうまくいっていない。
これは僕がそう感じているだけなのかもしれませんが、大物が去っていたあとよくもわるくもファンもアンチもつくうような方が近年現れていないような気がします。
③コンテンツが大きくなったため商業化がすすんだ。
最近ではハニワさんの作品の劇場版アニメの公開が決定しましたが、少し前にはミカグラ学園やカゲプロのようにアニメ化したり、書籍化したりしています。本屋でもよくコーナーを見かけますがそのあたりに抵抗を覚える方も多いのではないかと思います。
④ボーカロイド単体としての魅力
最近アニメの音楽でやしきんさんやゆうゆさんなどボカロPの方が関わったものを度々見かけます。しかしこれらの楽曲はボカロPの方が楽曲提供しているもので、逆に過去のボカロ作品についてもボーカロイドに曲を提供したと考えることもできます。様々な曲があり、到底出せないような高音をだしたり作品に特徴があったりと様々な個性があったように感じますが、近年は作曲者の方の一部がボーカロイドに楽曲を提供した音楽のひとつといったよう、うまく言えませんが大衆化したがゆえ、カラオケで歌われたり、ボカロPの方より歌い手の方の方が人気があったりというように必ずしもボーカロイドである必要がないようなコンテンツになりつつあるような気がします。
ボカロというコンテンツの中で尖っていたものが埋もれてしまいつつあるのではないかと考えてしまいます。
すると、アニメソングやドラマソングといったタイアップもなく純粋勝負ではなかなか厳しいものがあるのかもしれません。

今一度ボカロの良さとはなにかとふと考えてしまいました。それがなにかわかったとき僕はボーカロイドをさらに好きになることができそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも楽しくブログ拝見させていただいております。普段なら他サイト等でもコメントなどは滅多にしない主義なのですが、多々色々な記事を見てきた中で久々に痛烈な記事に出会い心を動かされましたので部外者ながらコメントさせていただきました。たしかに、紅白の千本桜もボーカロイドの千本桜というより、若者に人気の曲をカバーした小林幸子の曲という印象を受けました。のぶゆべさん、また面白い記事を楽しみにしています。

コメントありがとうございます。
僕としてはより良いコンテンツになってほしいと願っております。

No title

完全にブームは去ってしまいましたね...
今となっては音ゲーの曲で聞くくらいです

No title

コメントありがとうございます。
最近、音ゲーにボーカロイドの曲が増えてきている印象を受けますが、そのような傾向を僕も感じています。
時代の変化のものすごい影響はあると思います。
スマートフォンが流行りだした近年では、サブカルチャーに関して、アニメにせよ、ドラマにせよ、音楽にせよ、海賊版が転がっていないものなどなく、いつでも、なんにでも簡単に触れられる時代がきたのでより質のよいものを求めるようになっているのだと思います。質がよくないとそこから若者にとって、購入だったりといった派生がなかなか難しく数あるもののひとつとして処理されてしまうのではないでしょうか?
プロフィール

Arpeggio D

Author:Arpeggio D
いらっしゃいませ
VOCALOID研究会Arpeggio
ブログにようこそ!

サークル活動の紹介をしています。

曲紹介などもやってますよー

よかったらみていってくださいな(^o^)

最新記事
最新コメント
twitter
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Ring Clock
Flashカレンダー
アクセスカウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR